About GOTS Certified.

「オーガニックコットンの世界基準」 [GOTS認証]

ここでは世界にある認証とGOTS認証について触れてみたいと思います。

動画はこちら URLです。コピーして下さい。 https://www.youtube.com/watch?v=652Q1CjOCYc

 

ご存知の様に食品には「有機JAS認証」が有り、アメリカでは「USDA」(NOP

フランスでは「AB」、ドイツでは「BIO SIEGEL」 EUでは「EU Agriculture」、インドは「ORGANIC INDIA」と各国の基準があります

 

世界に存在する衣料品にまつわる基準。

 

GOT認証 (Global Organic Textile Standard

https://global-standard.org/

GOTSは、最も信頼性が高く、完全な認定の1つです。少なくとも70%認定された有機天然繊維から作られたすべてのテキスタイルの処理、製造、パッケージング、ラベル付け、取引、および流通をカバーしています。テキスタイルは、国際労働機関に従って、特定の環境基準(毒性、廃水など)および社会的基準を満たす必要があります。実際に認証を授与できるさまざまな認証機関がありますが、すべて同じ基準を使用しています。(こちらのサイトで認証を取得している企業が検索できます)

何が認定されますか?・・・すべてのテキスタイル(衣料品、寝具、タオル、および生の布地と繊維)

このラベルはどこにありますか?・・・国際的に:GOTSは、世界中の組織と協力して機能する国際標準です。

 

OEKO-TEX

https://www.oeko-tex.com/en/

OEKO-TEXは、化学物質に焦点を当てたもう1つの信頼できるラベルです。実際には、さまざまな認定がいくつかありますが、Standard 100は、消費者として遭遇する可能性が最も高いものです。この認証は、人体に有害な有毒化学物質のような物質をテストします。その他の認証には、LEATHER STANDARD(革の有毒物質用)、MADE IN GREEN(有毒物質を超えて安全で責任ある環境にやさしい製造プロセスを保証)、STeP(サプライチェーンに焦点を当てています)、ECOパスポートが含まれます(これも物質を調べますが、より多くの環境要因を組み込んでいます)、およびデトックストゥゼロ(排水や汚泥を考慮)。

何が認定されますか?・・・OEKO-TEXは、原材料、布地、テキスタイルだけでなく、アパレル、アクセサリー、家庭用品などの既製品も認定しています。

このラベルはどこにありますか?国際的に:OEKO-TEXはスイスに拠点を置いており、世界中でその認定を見つけることができます。

 

Better Cotton Initiative (BCI)

BCIは非営利団体であり、定義された一連の基準 https://bettercotton.org/better-cotton-standard-system/ を通じて綿を調達するためのより持続可能な方法を奨励しています。製品にBCIロゴが表示されている場合、使用されている綿は、プログラムにお金を払い、綿の少なくとも5%をBetter Cottonとして調達することを計画しているBCIメンバーからのものであることを意味します。 5年以内に綿の50%以上がBetter Cottonになります。これは、オーガニックへの投資が3年もかかるオーガニックになる余裕がない農家にとって特に有用な、オーガニックへの半分のステップです。

何が認定されますか?綿でできたものなら何でも。

このラベルはどこにありますか?・・・海外:BCIの本社はスイスとイギリスにあり、BCIメンバーは世界中で見つけることができます。

 

Bluesign(ブルーサイン)

https://www.bluesign.com/en

人間と環境の両方に安全な方法で生産している繊維メーカーに与えられる共通の認証です。彼らは、水の廃棄物から染料の毒性まで、労働者と消費者の安全性などすべてを考慮に入れています。

何が認定されますか?・・・テキスタイルで作られたもの。

このラベルはどこにありますか?・・・国際的に:スイスを拠点とし、世界中に認定企業があります。

 

Cradle to Cradle (C2C)

https://www.c2ccertified.org/get-certified/product-certification

Cradle to Cradle Certified™製品規格は、製品の循環性に重点を置いています。材料の健康、材料の再利用、再生可能エネルギーと炭素の管理、水の管理、社会的公正という5つのカテゴリで製品を検討しています。製品は、各カテゴリで達成レベル(ベーシック、ブロンズ、シルバー、ゴールド、またはプラチナ)を受け取ります。その全体的な製品ラベルは、レベルが最も低いカテゴリです(たとえば、製品に水管理のカテゴリでプラチナがあり、社会的公正がシルバーである場合、全体的な製品レベルはシルバーです)。

フロントエンドでの生産の倫理だけでなく、主に循環性に焦点を当てているため、クレードルからクレードルへのプロセスと認証は、消費財についての考え方と製造方法を変える可能性があります。理想的には、私たちが作り、購入し、所有するすべてのものが循環するようになるでしょう。

何が認定されますか?・・・ほとんどすべてがC2C認定を受けることができます!アパレル、家庭用品、おもちゃ、家具、清掃用品、建材など。C2Cの製品レジストリをこちらで確認してください。C2Cには、ファッションポジティブマテリアルコレクションもあります。これは、糸、布地、染料などのテキスタイルで使用されるC2C認定素材のデジタルリソースです。

このラベルはどこにありますか?・・・国際的に:C2Cはカリフォルニアとアムステルダムに拠点を置く国際企業です

 

Leather Working Group (LWG)

https://www.leatherworkinggroup.com/

LWGは、それらの製造プロセスが環境にどのように影響するかに基づいて、革なめしや革の取引業者(ゴールド、シルバー、またはブロンズ)を承認または評価します。監査は、同じ標準のセットを使用して、いくつかのサードパーティによって実行できます。廃棄物管理、エネルギー消費、水の使用、トレーサビリティ、制限物質などを考慮に入れています。

何が認定されますか?・・・LWGにはいくつかの異なるカテゴリがあります:承認されたトレーダー、評価された革メーカー、およびメンバー(LWG承認されたトレーダーおよびメーカーを使用しているブランドです)。ここに完全なリストがあります。

このラベルはどこにありますか?・・・国際的に:英国を拠点とし、世界中にLWGメンバーがいます。

 

Organic Content StandardOCS

https://textileexchange.org/wp-content/uploads/2016/06/Organic-Content-Standard-v1.pdf

 

もともと綿のために開発されたが、後の織物の他の種類に拡大、OCSは、親権制度の厳格なチェーンを提供 OCS認定によって書かれた彼完成しproduct.Tに有機原料源から織物取引所(もともとオーガニック取引所の名前)、会員がサポートする国際的な非営利組織。 

Textile Exchangeには、リサイクル請求基準(入力から最終製品までの厳格な管理の連鎖を提供するという点で類似しています)、グローバルリサイクル基準(社会的および環境的慣行を確実にすることによりRCSを超える)を含む、他のいくつかの認証もあります。生産全体)、および責任あるダウン標準(ダウンサプライチェーンの農場で責任ある動物福祉の基準を検証し、入力から最終製品までの羽毛を追跡します)。

何が認定されますか?・・・非食品製品。

このラベルはどこにありますか?・・・国際的に:テキサスに本社を置くTextile Exchangeは、世界中の企業や国と連携しています。

 

USDA Organic

https://www.usda.gov/topics/organic

USDAオーガニック製品は、成長と収穫のプロセスにおいて厳しい基準を満たしている場合、米国政府によって認定されます。それらは農薬、合成物質、肥料、ホルモン、または他の種類の添加物で処理することはできません。

何が認定されますか?・・・私たちは通常USDAオーガニックに関して食品を考えますが、綿やウールなどの繊維製品に使用されている成分を認証することもできます。

このラベルはどこにありますか?・・・アメリカ合衆国。

 

NSF International

https://www.nsf.org/

NSFは元々はNational Sanitation Foundationと呼ばれていましたが、NSFはいくつかの異なる産業にわたって人間と環境の安全を保証する第三者認証です。

何が認定されますか?・・・飲料水や水フィルター、業務用フードサービス機器、栄養補助食品、プライベートラベル商品、パーソナルケアアイテム、家電製品、衣料品などすべて。たとえば、パタゴニアは、人道的な動物の治療を確実にするために、冬のコートNSFGlobal Traceable Down Standardを使用しています。NSFの消費者向けリソースのディレクトリは、ここで閲覧できます。

このラベルはどこにありますか?・・・国際的に:ミシガン州に拠点を置くNSFは、世界的な組織です。

 

Forest Stewardship Council (FSC)

https://jp.fsc.org/jp-jp

FSCはグローバルな非営利組織であり、FSC認定森林の木材を使用する企業がサプライチェーン全体で基準を確実に満たすようにします。FSCには3つの異なるラベルがあります:FSC 100%(完全にFSC認定の管理された森林から)、FSC Recycled(すべてがリサイクルされた材料からのもの)、およびFSC Mix(製品はFSC認定された森林、リサイクルされた材料から、または管理されたもの)木材)。

何が認定されますか?・・・森林、サプライチェーン、小売業者、木または木ベースの最終製品ですが、ファッションの領域では、レーヨン、ビスコース、リヨセル、モーダル、テンセルなど、木から作られたパッケージとセルロース繊維について話しています。FSCの認定事業者のリストはこちらからご覧いただけます。

このラベルはどこにありますか?・・・国際的に:ドイツに拠点を置き、世界中でFSC認定製品を見つけることができます。

 

Regenerative Organic Certified (ROC)

https://regenorganic.org/

 

まだ試験的な新しい認証であるRegenerative Organic認定は、オーガニックを超えて、牧草地に基づく動物福祉、農家と労働者のための公平性、土壌の健康と土地管理に対する堅牢な要件を網羅する包括的な農業認定です。

何が認定されますか?・・・農場、食品、美容製品、アパレル、その他の商品。

このラベルはどこにありますか?・・・主に米国:ROCとそのパイロットプログラムに参加しているほとんどの企業は米国を拠点としています。

 

Climate Beneficial

https://fibershed.org/programs/fiber-systems-research/climate-beneficial-wool/

 

非営利のファイバーシェッドによって開発されたClimate Beneficialウールは、排出されるよりも多くの炭素が隔離されるような方法で飼育された動物に由来します!現在、プロジェクトは羊毛に焦点を当てていますが、将来的には他の素材にも拡大する可能性があります。

何が認定されますか?・・・ウールを使用したアパレル、アクセサリー、家庭用品。ここでFibershedマーケットプレイスを購入できます。

このラベルはどこにありますか?・・・米国:現在、Fibershedとその農家、牧場主、織工、工場の所有者の集団はカリフォルニアにいます。

 

ECOCERT

http://www.ecocert.com/index/

ECOCERTは、有機農業製品を専門とする独立した検査および認証会社です。テキスタイルの場合、ECOCERTラベルは、布地がGOTS(グローバルオーガニックテキスタイルスタンダード)、OCS(オーガニックコンテンツスタンダード)、および/またはエコロジカル&リサイクルテキスタイル(Ecocertスタンダード)のいずれかで認証されていることを意味します。

何が認定されますか?食品、化粧品、原材料、洗剤、繊維製品。

このラベルはどこにありますか?・・・ 国際的に:ECOCERTは、ヨーロッパ、アメリカ、日本に認定機関を持っています。

 

PETA

https://www.peta.org/living/personal-care-fashion/peta-approved-vegan-logo/

PETA承認のビーガンラベルは、そのブランドまたは製品が、PETAの製品が完全菜食主義者であることを証明する保証書に署名したことを示します。これは自己申告にのみ基づいており、ブランドは彼らが真実であることを確認するために監査されません。また、ビーガンであるからといって、環境にやさしいというわけではありません。実際、それはしばしば反対です。PUなどのビーガンレザーの代替品の多くは、人間と地球に有毒です。ビーガンレザーの代替品について詳しくは、こちらをご覧ください。

PETAには、動物愛護や美容製品に害を及ぼさない動物であることを示す、虐待のないウサギのロゴもあります。この認証は、自己申告にのみ基づいています。

何が認定されますか?アパレル、アクセサリー、家庭用品、化粧品などのビーガン消費者向け製品。あなたはできますここでは、すべてのPETA-承認ビーガンブランドを見る、ここで彼らの虐待無料ショッピングガイドを取得します

このラベルはどこにありますか?・・・国際的

 

Fair Labor Certifications

公正労働認定

以下の認証の多くには、要件に合わせた環境要素が含まれていますが、主に労働者の公正で安全な労働基準に焦点が当てられています。

 

SA8000

http://www.saasaccreditation.org/sa8000-certification

Social Accountability InternationalSAI)によって設立されたSA8000は、世界中の工場や組織向けの社会認証規格です。基準は世界人権宣言および国際労働機関(ILO)の条約に沿っており、児童労働、強制労働、健康と安全、差別、労働時間などが含まれます。

何が認定されますか?あなたの商品を作る工場や組織(商品そのものではありません)。

このラベルはどこにありますか?国際的に:SAIはニューヨークに拠点を置き、世界中の57の産業を超える62か国の組織を認定しています。


Worldwide Responsible Accredited Production (WRAP)

http://www.wrapcompliance.org/en/certification

WRAPは、主にアパレル、履物、および縫製品の施設で機能する社会的コンプライアンス認証です。工場は強制労働、福利厚生、差別などのカテゴリーで監査され、プラチナ、ゴールド、またはシルバーの認証が与えられます。

何が認定されますか?・・・商品を作る工場。

このラベルはどこにありますか?・・・ 国際的に:WRAPはバージニアに拠点を置き、世界中で認定された施設を持っています。



Nest

https://www.buildanest.org/

工場の労働基準を監査する優れた認証がいくつかありますが(上記を参照)、家庭内で行われるすべての労働の倫理的な作業基準を保証するものはありませんでした(一部の推定では、生産の60%が行われると言われています) 、ネストによると)。実際、職人による家庭生産は、発展途上国で2番目に大きな女性の雇用主であり、この人口は保護されていません…Nestが登場するまで。

Nestのトレーニングファーストプログラムは、130の基準のマトリックス全体でコンプライアンスを測定し、複数のレイヤーの下請け、出稼ぎ労働力、および広範な地理的分散などの要因から生じる分散型サプライチェーンの幅広い変動に対処するように調整されています。Nest StandardsSealは、文化的配慮と意思決定におけるハンドワーカーの所有権への献身で際立っています。

何が認定されますか?アパレル、アクセサリー、家具、家庭用品などの職人が作った商品。

このラベルはどこにありますか?  国際的に:Nestはニューヨークに拠点を置き、500以上の職人企業と18万人以上の手作業員を擁し、90か国以上で働いています。

 

Fairtrade International

https://www.fairtrade.net/

フェアトレードインターナショナルは、厳格な基準を満たす世界中の小規模な農家、生産者、トレーダーと協力しています。これらの基準の詳細は業界によって異なりますが、FLOCERTが監査する公正な賃金、安全な労働条件、サプライチェーンの透明性などの要素が含まれます。

何が認定されますか?・・・ほとんどの消耗品であるフェアトレードインターナショナルは、製品と成分の両方を認定しています。

この証明書はどこにありますか?・・・国際的に:フェアトレードインターナショナル認定製品は世界中から来ています。

**********************************************************************

現在、日本の消費者の方は「何が?オーガニックコットンなのか?」

基準の無い生地で作られたお洋服やタオル、繊維製品を「高価な価格」で、また「廉価な価格」の商品を購入されているお客様が多いのではないかと思われます

日本の食品の認証状況を見てみますと「オーガニック野菜」と生産者が勝手に表記できますし、「オーガニック」という言葉や、表記も勝手に使用できています。(食品に限らずシャンプーや化粧品にも)お客様もそれを余り疑うことなく信じている状況で、日本はそれだけ、人を裏切らない、嘘をつかない、商品も安心・安全である現実から消費者の方は購入されているのではないでしょうか?(どのメーカー様も素晴らしい商品を開発され、販売されております)

一方、現在はグローバル化により世界中で「人とモノ」の動きが活発化される中、

世界は「オーガニック」という名称使用についての基準が厳しくなっており、国により明確な基準があるのができれおります。

 

ではオーガニックコットンの認証である「GOTS認証」はどうか?

GOTSは「グローバル オーガニック テキスタイル スタンダード」の略から出来ています。国際的に認証された「有機繊維認証」です。2006年に導入され、有機繊維の「消費と成長」、業界及び小売りセクターの統合された「加工基準」への要求によってサポートされています。

 

GOTS」は、消費者に信頼できる保証を提供するために・・・

 

  1. 原材料の収穫から「環境的、社会的に責任がある製造、ラベリングまで」

繊維の有機ステータスを保証します。

  1. この基準は、70%以上認証済みの有機自然繊維から製造された「全ての繊維加工」「製造」「梱包」「ラベリング」「取引」「販売」に対応します。

  2. 最終的な繊維製品には、糸、布、衣服、家庭用繊維製品などがあります。(ただしこれらに限定されない)ただし、この基準は「皮革製品の基準を設定していません。

環境基準

すべての処理段階で、有機繊維製品を従来の繊維製品から分離し、明確に識別する必要があります

 すべての化学物質入力(染料、助剤、プロセス化学物質など)を評価し、毒性と生分解性/制限に関する基本的な要件を満たす必要があります

有毒な重金属、ホルムアルデヒド、芳香族溶媒、機能性ナノ粒子、遺伝子組み換え生物(GMO)およびそれらの酵素などの重要な投入を禁止する

合成サイジング剤の使用は制限されています。編み物と製織油は重金属を含んではいけません

 漂白剤は酸素に基づく必要があります(塩素による漂白は不可)

 発がん性アミン化合物を放出するアゾ染料は禁止されています

 芳香族溶剤を使用した放電印刷法、およびフタル酸エステルとPVCを使用したプラスチゾル印刷法は禁止されています

 アクセサリの制限(PVC、ニッケル、クロムは許可されていません。すべてのポリエステルは、消費者が2014年以降リサイクルする必要があります)

 すべての事業者は、廃棄物と排出を最小限に抑えるために、目標と手順を含む環境ポリシーを持つ必要があります

 湿式処理ユニットは、化学物質の使用、エネルギー、水の消費、および汚泥の処分を含む廃水処理の完全な記録を保管する必要があります。すべての湿式処理ユニットからの廃水は、機能的な廃水処理プラントで処理する必要があります

梱包材にはPVCが含まれていてはなりません。201411日以降、梱包材、吊り下げタグ、スイングタグなどに使用される紙または厚紙は、消費者がリサイクルするか、FSCまたはPEFCに従って認定されている必要があります。

 

  • 技術的品質と人体毒性基準

-技術的な品質パラメーターを満たしている必要があります(摩擦、発汗、光と洗濯の堅牢性、収縮値など)

-原材料、中間体、最終繊維製品、および付属品は、不要な残留物に関して厳しい制限を満たす必要があります。

 

綿農家・綿産業にまつわる問題。

「借金地獄・農薬漬け・自殺」インドの綿花農家の現状の原因とは?

 

30分に1人。これが何の数字かご存知ですか?

インドの綿農家の人が自殺している人数を計算して出された数字です。信じられないような数字ですが、これは私達が着る”安い服”を作るために農家の人々が追い詰められていることを示しています。

現在は服の製造が海外で行われていることが多いため、身近に感じることがないのかもしれません。しかしそんな理由で、これらの現実に目を背けていいわけがありません。

一体何が原因で、インドの綿農家の人々がこんなにも酷い状況に陥っているのか。ファストファッションを着ている私達は知らなければいけません。

 

昔からこんなに酷い状況だったわけではありません。

以前は天然の肥料と殺虫剤で栽培し、種を採って翌年に回しながら上手に栽培していたのです。殺虫剤こそ使っていましたが、肥料も天然だったためそこまで土壌が痩せることもありませんでした。

政府からの手助けで補助金や農民への融資もあり、生活できるくらいの稼ぎはあったと言います。子どもは学校に通い、大人は農場で働く。そんなごく自然な生活をすることもできていたのです。

しかし今はそのごく普通の生活すらできなくなってしまいました。

洋服の主たる素材は綿(コットン)と化学繊維です。化学繊維は石油から作りますから、貴重な資源を無駄遣いしているのは明らかです。しかし「自然なもの」というイメージのあるコットンもその栽培の実態を考えてみると、あまりナチュラルとは言えません。

2016年にはインドの平均寿命は68歳でした。しかし綿栽培に携わっている人の平均寿命は、わずか35歳だと言われています。

それだけ綿栽培には体にとって毒になる部分があり、綿花は世界で最も毒性の高い作物の1つなのです。

農薬や殺虫剤は、飲んで自殺を図れるほど毒性の高いものですが、綿の生産過程では世界の農薬の18%、殺虫剤の25%が使用されていると言われています。この数字を見れば、綿農家の人がどれだけ「農薬」や「殺虫剤」の毒にまみれて仕事をしているのかが分かります。

綿花はもともと麻などに比べ害虫に弱いため、多くの農薬が必要になり、結果インドの人の寿命を30歳近く縮めているということです。

しかし綿栽培を辞めるわけにはいきません。それどころか以前より多く栽培しなければいけないのです。「早くて安い服」を支えるためには、安くてそこそこ品質のいい綿花を大量に収穫する必要があるので、化学肥料を大量に使用していきます。

そのために起きるインドの綿農家で農薬被害のことは、酷い時にはニュースになるほどなのです。

遺伝子組み換え綿のために状況悪化…

インドのこの状況を作り出したのは、遺伝子組み換えの綿のためだと言われています。

インドの綿は、そのほとんどがある会社=M社が開発したGM(遺伝子組み換え)綿です。現在、遺伝子組換え作物の種の世界シェアは90%以上はM社が占めています。

1996年に紹介された遺伝子組み換え綿である「Bt」綿は、農家の人々には夢のようないい種でした。

  • 殺虫成分が元々組み込まれており、害虫であるオオタバコガの幼虫から自らを守る。
    =殺虫剤の費用を減らせ、化学物質の散布が必要ないので環境にも優しい。

  • 収穫量も今までの5倍にもなる。

このように宣伝されていました。農家にとっては土地も守れ、自分たちの体にも優しく、そして収穫が増えれば収入も増える。いい事づくしの種だと思ったことでしょう。種の値段が今までの4倍で、借金をしてでも買う価値があると皆思ったそうです。しかし、現実はそう上手くいきませんでした。

使用していく中で確かにオオタバコガの幼虫の被害はないですが、他の新たな害虫や立ち枯れ病が発生してしまったのです。その結果、大量の農薬や除草薬を撒かなければならず農家は経済的に大打撃を受けました。

その際に使用する除草剤は「ラウンドアップ」というGM種に合わせたものを使用しなければいけません。ラウンドアップはGM綿を開発したM社が販売するもので、今までよりも高額となり農家はさらに借金を重ねていったのです。

農薬を飲んでの自殺者が急増

多額のお金を借りたとしても、今までよりも収穫が増えるのなら返済できると思ってのことでしょう。

その結果はまさかの不作で、今までの収穫の1/4ほどになってしまったのです。そして元の種に戻そうにもそうはいきませんでした。なぜならインド政府の施策によって市場に出回る種のほとんどがBt種になっていたからです

そして不作の原因は予想外の害虫被害もありますが、元々Bt綿で豊作にするためには水が大量に必要になることだったのです。

しかしインドの雨量は少ないため、水の確保のために設備が必要になってきます。その設備が整ってい農場は4割もありません。この状況で豊作になるわけがないのです。

そして設備を整えようにもすでに借金地獄の農家が多く、結果Bt綿栽培農家では自殺者が急増していきました。除草剤「ラウンドアップ」を飲んで畑で自殺する人が跡を絶ちません。

インドの綿農家の年間自殺者は25万人にも上るといわれています

だいたいの人が農場で殺虫剤を飲んで命を絶つのです。30分に1人がそのように亡くなっているなんて、想像できますか?

除草剤・殺虫剤による被害も多発

自殺の道具になっている「除草剤・ラウンドアップ」は猛毒であり、マスクや手袋で厳重に防御することが必要になります。にもかかわらず、インドでは上の写真のようにマスクも手袋も付けずに除草剤を撒いているのです。これでは人体に影響がないわけがありません。

大量の殺虫剤のせいで農場が汚染されるだけでなく、村では先天異常を持って生まれる子供が増え、農場で働いてきた50歳前後の人にはガンが増えています。また脳腫瘍になる人が増え、村のそばには手術ができる脳外科ができるようになったそうです

農場で除草剤や殺虫剤を巻きながら吸い込んでしまっいたり、皮膚から取り込んでしまっているために起きていると考えられます。また空気中を漂い、農場のそばにいない人にも悪影響を及ぼしているのです。

 

上記のような状況で綿栽培を行なっているのは、インドだけではありません。

一説によると、綿花の栽培に使う土地は世界の耕地面積の5%未満にも関わらず、全世界の農薬の20%が使われているそうです。大量に農薬を使えば当然土壌が汚染され、それはまわりまわって海に入り、地球環境自体が汚染されていくのです。

 

なぜこんなにも栽培量が増えているのでしょうか。

綿は今日の衣服を作るために使用される繊維のおよそ半分を占めているため、服の生産量が増えれば増えるだけ、綿の生産も増えていくのです。その結果がインドの状況を作り出しています。

さらに身近にあるものに衝撃的な真実がありました。綿はファストファッションでよく使われる素材です。綿製品は生産・製造プロセスが複雑かつ複数の国境を超えるために、誰がどのように関わっているのかを知るのはとても難しいものになっています。

複雑な工程のため、途中でごまかす機会も多いと言われています。

そのため「綿100%」、「フェア・トレード製品(発展途上国の人々から不当な搾取をしない公正取引)」などの表示ラベルが付いている製品の中にも、実はニセモノが紛れ込んでいることがあるそうです。本当に100%使っているものもあるでしょうが、そうでないものもあると知ると消費者は購買欲が下がることになりかねません

また表示ラベルに「オーガニックコットン」と記載がない綿は、ほぼ100%遺伝子組み換えの綿花だと言われています。

BCI認証(ベターコットンイニシアティブ認証)この認証は「遺伝子組み換えの種子」を使って良いとされています。

表示ラベルを確認した際に、素材が「オーガニックコットン」のものだけ買うようにしている人もいるかと思います。

その理由として、オーガニックコットンは体にいい、肌に良さそうというイメージがあるからでしょう。値段も普通のコットンの倍以上することもありますし、高いものほどいいと考える人も多いでしょう。

しかし、オーガニックコットン。実は、普通のコットンと質はそこまで変わらないんです。これには衝撃を受ける人が多いでしょう。「同じ質でなんで値段がそんなに違うんだ?」そう思いますよね。品質でないのなら、一体何が違うというのでしょうか?

違いがあるとすれば生地に過度の負担が掛かっていない。染色も自然と人体に負荷をかけない染料ですので敏感肌の方には違いがあるかも知れません。また一般に販売されているお洋服の染色に使われた染料が何であるか?それは人体に影響がないのか?そのエビデンスが有るわけでは有りませんし、化学繊維で肌がかぶれる方やアトピー肌の方が着られると違いが有るのかも知れません。

実際にGOTS認証を取得するには「GOTS認証のある商品を作る数量、金額に比例して認証機関に認証料を支払わなけれなりません。従って一般のコットンより値段は高くなり、縫製賃、染色費用も一般の費用より割高になります。

オーガニックコットンと普通のコットンの残留農薬を比べてみると、その量はほとんど変わりません。普通のコットンは栽培時に農薬を使っていますが、育てている時に使われた農薬は時間が経つとほとんど分解してしまい、最後の綿花に残っていることは割合的に少ないです。

つまり科学的にオーガニックコットンと普通のコットンを判別することはできないのです。

  • 質も変わらない。

  • 残留農薬も変わらない。

そうなると、高い金額を出してまでオーガニックコットンを買う理由がなくなってしまいます。安い方でいいと思う人も多いでしょう。つまりオーガニックコットンが良い物だという認識は、「オーガニック」という言葉からのイメージだけなのです。

だとしたらなぜ手間ひまかけてまで、オーガニックコットンを作っているのでしょうか?

 

環境に優しいコットンだった

オーガニックコットンは質を良くするために作られているのではなく、土地のため、地球環境の保全を目的として作られています。つまり、環境に優しいコットンなのです。

普通のコットンの栽培には農薬や化学肥料を使っていきます。そうすると地下水の汚染や微生物の消滅が起こり、土が痩せ細ってしまいます。痩せ細った土では良い作物は育ちません。後々は自分の首を絞めるようになってしまうので

それに対しオーガニックコットンは、農薬や肥料をできるだけ使わずに栽培していくので、土にも、環境にも、綿花農家さんの健康にもいい方法だと言えます。また二酸化炭素の削減効果も期待されています。

地球が元気を取り戻し、水も空気も大地も人も、活き活き生活できるのが理想でしょう。オーガニックコットンはその第一歩になるのではないでしょうか?

使う側として質だけを見たら普通のコットンでも十分です。しかし本当にそれでいいのかを1度考えてみてください。

普通のコットンの需要がなくなれば、自ずとオーガニックコットンの栽培が増えていくと思います。そうなれば、環境にも健康にもいいコットンだけが残っていき、値段、質以上に高価な買い物をしたと思えるかもしれません。

 

オーガニックコットンの本来の目的は・・・

コットンを作る人を守る。そして土壌汚染、水質汚染など自然環境を守りながら、

コットンを作る人、運ぶ人、染める人、紡ぐ、販売する人、そして使う人までの「全ての人を守り」そして「なるべく自然環境に負担をかけない」それがGOTS認証のオーガニックコットンの目的と思います。

 

アパレル産業にはいくつもの大きな問題を抱えている産業です。

以下、PC、スマートフォンの翻訳機能を使ってお読みください。

 

ウイグル地域で強制労働を終わらせるための連合 

https://enduyghurforcedlabour.org/

 

ファストファッションの死がアジアの衣料産業をどのように変えているか? 

https://asia.nikkei.com/Spotlight/The-Big-Story/How-the-death-of-fast-fashion-is-transforming-Asia-s-garment-industry

 

「借金地獄・農薬漬け・自殺」インドの綿花農家の現状。何が原因?

https://hushtug.net/note/cotton-current-status/

 

大量の繊維化学不純物は依然として大きな課題です

https://www.ecotextile.com/2019112825351/dyes-chemicals-news/bulk-textile-chemical-impurities-remain-big-challenge.html

 

中国の化学物質安全性について提起された新たな懸念

https://www.ecotextile.com/2019053124359/dyes-chemicals-news/new-concerns-raised-for-chemical-safety-in-china.html

報告メカニズムはアパレルの透明性に失敗する

https://www.ecotextile.com/2020050626056/editor-s-pick/reporting-mechanisms-fail-on-apparel-transparency.html

 

インドの綿花農家が生活と土地のために戦う-新しいファッションイニシアチブ

https://thenewfashioninitiative.org/indias-cotton-farmers-fight-for-their-lives-and-land/

 

オーガニックコットンについて知っておくべきことすべてをご覧ください

http://aboutorganiccotton.org/

 

Organic Cotton Statistics

http://aboutorganiccotton.org/stats/

 

Good On You Directory-何千ものファッションブランド評価を検索

https://directory.goodonyou.eco/

 

ファッションチェッカー (世界の名だたるブランドをチェック出来るサイトです)

https://cleanclothes.org/campaigns/filling-the-gap/fashion-checker-profiles

 

最小社会基準(以下の検査が必要とされます)

すべての加工業者と製造業者は、国際労働機関(ILO)の主要な規範に基づく最低限の社会的基準を満たさなければなりません。彼らは、社会的基準を満たすことができることを保証するために、定義された要素で社会的コンプライアンス管理を実施する必要があります。記載されている国際労働機関(ILOの該当する主要な規則 は、以下の社会的基準のトピックを適切に実装および評価するための解釈の関連基準として使用する必要があります。

 

-雇用は自由に選択されます

-C29-強制労働条約

-C105-強制労働条約の廃止

-結社の自由と団体交渉の権利が尊重される

-C87-結社の自由と条約を組織する権利の保護

-C98-団体交渉および団体交渉権

-C135-労働者代表会議

-C154-団体交渉条約

-労働条件は安全で衛生的です

-C155-労働安全衛生条約

-児童労働は禁止されています

-C138-最低年齢規約

-C182-最悪の形態の児童労働条約

-生活賃金

-C95-賃金の保護条約

-C131-最低賃金決定規則

-労働時間は過度ではありません

-C1-労働時間(産業)条約

-C14-ウィークリーレスト(業界)大会

-C30-労働時間(商業およびオフィス)条約

-C106-ウィークリーレスト(商業およびオフィス)コンベンション

-差別は行われていません

-C100-均等報酬条約

-C111-差別(雇用と職業)条約

-正規雇用が提供されています

-C158:雇用条約の終了

-C175:パートタイム労働条約

-C177:宿題コンベンション

-C181民間雇用機関条約

-過酷または非人道的な扱いは禁止されています

-C29-強制労働条約

-C105-強制労働条約の廃止

 

繊維サプライチェーン全体の認証

-繊維生産者(農家)は、最終製品が販売される国で認められている、認められた国際的または国内の有機農業基準に従って認定を受ける必要があります。

-繊維生産者の認証機関は、ISO 65および/またはIFOAM認定に従って国際的に認められている必要があります。また、該当するファイバー規格に従って認定する認定を受けている必要があります。

-収穫後の取り扱いから衣服の製造およびトレーダーまでのオペレーターは、毎年の現地検査サイクルを行う必要があり、認定されるテキスタイルの製造/取引に適用される有効なGOTS運用証明書を保持している必要があります。

-加工業者、製造業者、およびトレーダーの認証者は、ISO 65に従って国際的に認定されている必要があり、「認証機関の承認手順および要件」で定義されている規則に従って「GOTS認定」を保持している必要があります。

大まかでは有りますが、上記の約束事が認証を取得する際に必要となります。全てのサプライヤー、小売店、企業、個人を問わず。就業規則、給与明細、労働時間など全ての項目をチェックしに監査員が数日掛けて監査に入ります。

 

厳しい基準の背景。

GOTS生地を作ろうと思うと、他の繊維を作る工程で同じ機械を使ってはいけない。GOTS認証のある農場、綿花からしか作ってはいけないのです。そして出来た糸から生地を作る際にも、織機(シャトル)はGOTS認証のコットン以外の糸を入れて織ってはいけないのです。例えばポリエステルと綿とか、ナイロンとポリエステルとかを織る機械で、一緒にGOTSの糸を使って織ってはいけません。あくまでも「GOTSGOTSだけのラインが必要」という条件です。縫製も染色も同じです。GOTSだけの縫製ライン、染色ラインを別で持っていなければなりません。ですので、とても非効率なんですね。

Language
Japanese
Open drop down