PEACESKETCH

SUSTAINABLE

地球に少しでも負担をかけない取り組み

生分解性プラスチックバッグ

我々が使用しているビニール袋は全て生分解性プラスチックバッグを使用しています。

既にインドでは自然環境に配慮した「生分解性プラスチックバッグ」が製造されており、ヨーロッパやオーストラリア等の多くのアパレルメーカーで使用されています。こちらの生分解性プラスチックバッグは熱により劣化するプラスチックバッグになります。早く海水で溶ける生分解性のプラスチックバッグが開発されることを願います。

Symphony environmental社のCertificate of Testing。

こちらは「シンフォニー エンヴァイラメタルテスト社のエビデンスになります。

テスト済みの製品。L/50-2)LDPE Clear Film with d2w 93224 oxo-degradable additive.L/50-2 LDPEクリアフィルム d2w 93224 オキソ分解性添加剤。●テスト実施 1.蛍光X線(XRF)分光法による分解陪食の決定。2.FT-IR カルボニル光学密度劣化プロファイル、加速劣化:①熱酸化-連続的な加速されたUV及び熱劣化。②耐用年数の安定性-熱劣化の促進。

https://www.symphonyenvironmental.com/

弊社が取得しているGOTS認証(Global Organic Textile Standard)の証明書です。

日本の販売されていますお洋服や繊維製品でよく見受けられるのが「オーガニックコットン使用」「オーガニックコットン製品」と書かれて販売されているのをよくみます。販売されている価格もバラバラ。高価な物も有れば安価な商品もあります。では皆さまは「何を基準にオーガニックコットンの製品を購入されていますか?」何を証拠にオーガニックコットン製品と言えるのか?GOTS certifiedが全てとは思いませんが、消費者に対して、もう少し分かりやすい表記方式が有れば安心してお買い物が出来るのではないか?と考えてしまいます。

https://www.youtube.com/watch?v=652Q1CjOCYc

https://www.youtube.com/watch?v=EIcwLF5q1JA

ピーススケッチは全ての生地の製品検査を実施しております。

製品全てに対してのエビデンスを公開する事によってお客様が安心してご使用頂けることを目指しております。日本では報じられていませんが商品を安く作る為に「人体に影響を及ぼす染料」を使う海外の工場が未だに存在しています。主なテスト内容・水洗いで縦と横に何%縮んだり、伸びたりするか。・水温50度のお湯で洗濯した場合の「変色」「洗濯による色堅牢度」「水に対しての色堅牢度」「汗に対しての色堅牢度」など、「アミノビフェルニ」「ベンジン」「4-クロロ-O-トルイイジン」「アゾ染料」など28種の危険な染料が使われていないか?付着していないかを検査します。

日本の小さな会社が初めて作ったGOTS認証のオーガニック製品

  • あなたの商品の名前
    通常価格
    ¥20
    販売価格
    ¥20
    通常価格
    ¥20
    売り切れ
    単価
    あたり 
  • あなたの商品の名前
    通常価格
    ¥20
    販売価格
    ¥20
    通常価格
    ¥20
    売り切れ
    単価
    あたり 
  • あなたの商品の名前
    通常価格
    ¥20
    販売価格
    ¥20
    通常価格
    ¥20
    売り切れ
    単価
    あたり 
  • あなたの商品の名前
    通常価格
    ¥20
    販売価格
    ¥20
    通常価格
    ¥20
    売り切れ
    単価
    あたり 
  • あなたの商品の名前
    通常価格
    ¥20
    販売価格
    ¥20
    通常価格
    ¥20
    売り切れ
    単価
    あたり 
  • あなたの商品の名前
    通常価格
    ¥20
    販売価格
    ¥20
    通常価格
    ¥20
    売り切れ
    単価
    あたり 
  • あなたの商品の名前
    通常価格
    ¥20
    販売価格
    ¥20
    通常価格
    ¥20
    売り切れ
    単価
    あたり 
  • あなたの商品の名前
    通常価格
    ¥20
    販売価格
    ¥20
    通常価格
    ¥20
    売り切れ
    単価
    あたり 

ECOLOGY & SOCIAL RESPONSIBILITY

Initiatives for sustainability

ジョルジオ・アルマーニは、次のような非常に明快な考えを示しています。「私は、環境問題は、誰にとっても深く関わりのあるものだと考えています。次の世代の未来は私たちの選択にかかっているという事実から目をそむけることはできません。また、持続可能性の問題には具体的な手法で取り組むべきであると考えています。」

ジョルジオ・アルマーニ

EP&LEnvironmental Profit and Loss (EP&L) Statement.をご存知でしょうか?「環境損益計算書」の事を指します。ケリング・グループが既の独自に取り組みを始めています。天然資源の保全と事業発展を両立させるための新しい取り組みです。「商品を作る責任」大きな企業ほど取り巻くパートナー企業からサプライチェーンも多様で多くなります。それだけに環境に及ぼす影響は大きくなるわけですね。

ケリング・グループ

バーバリーは2025年までにプラスティック包装を廃止。もし使用する場合は再利用、再生、もしくは分解可能なものに限定する。同社はすでに紙袋のラミネート加工やポリエチレン製の衣類カバーなどの使用を廃止しており、プラスチックの使用量を29トン削減している。また19年末までに現在使用しているハンガーやラッピング材、ポリ袋などを環境にやさしい製品に変更するほか、ハンガー回収プログラムを実施してリサイクルを促進するという。

バーバリー社
Language
Japanese
Open drop down